Home News Release Bands Tour Dates Shop About
Home > Release > Via Satellite "Cities are Temples"

Coming Soon

Current Release

All Lineup

Via Satellite "Cities are Temples"

Via Satellite
"Cities are Temples"

HECY-1018 ?¥2,310 (CD)
2005.08.24 Release

HHR Web Shop

Track listing:
01. Seven Winged Lions
02. Sunrise
03. Faithfulness
04. Passing
05. Close as Can
06. Cotton?‚ 
07. Revival
08. Glory?‚ 
09. Across Seas?‚ 
10. Already Gone
11. When You Look Away?‚ (bonus track)
12. Steps Taken,Not Taken?‚ (bonus track)

ギター×2、アンプ×2、キーボã?ド×4、ラãƒ??トップ×2、サンプラー×1、ドラムセãƒ?ƒˆÃ—1、ã?レイヤー×3。これがここに紹介するヴィア・サãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆã?ライヴ・セãƒ?ƒˆã§ã‚る。つまりã??“人とã?†ç¿»è¨³å®¶ãŒæ§˜ã€…な音楽言語を“ã?とつの言語体系?ãƒ´ã‚£ã‚¢ãƒ»ã‚µãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆâ€ã¨ã—て編み出してã?ã®ãŒå½¼ç­‰ã?音楽構築法とã?†è¨³ã ãŒã€ã™ã¹ã¦ãŒã‚らかじめ柔らかい甘さに染め上げられたかのようなソフトフォーカスの語り口は、他者との比è¼?‚’無効化してしまã?¨‹ã?強烈な個性を持ち合わせてã?‚‹ã€‚彼等と親交のあるシガー・ロス、アルバム・リーフと同様ã?個性をã€?

è©©çš?ªéŸ³æ¥½ã‚’奏でるバンド/アーãƒ?‚£ã‚¹ãƒˆé”〜アルバム・リーフやThe Blackheart Procession〜などが繋がりながら良質アンダーグラウンドã?シーンを形成してã?‚‹ã‚µãƒ³ãƒ?‚£ã‚¨ã‚´ã€‚その中å¿?š„な住人であるヴィア・サãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆï¼ˆç¾ã«?“年連続でサンãƒ?‚£ã‚´ãƒ»ãƒŸãƒ¥ãƒ¼ã‚¸ãƒ?‚¯ãƒ»ã‚¢ãƒ¯ãƒ¼ã‚ºã‚’獲得してã?‚‹?‰ã?、メンバã?それぞれが多様なチャンネルを持ち合わせた才人達ã?é›?ˆä½“だ。元牧師のドリュー・アンドリュース??o、g、laptop、key?‰ã¨å¿?†å­¦è€…にして芸術家でもあるティム・リース??s、sampler?‰ã?ライヴ?ä½œå“é¢ã§ã‚·ã‚¬ãƒ¼ãƒ»ãƒ­ã‚¹ã¨äº¤æµã?æ·±ã?‚¢ãƒ«ãƒãƒ ãƒ»ãƒªãƒ¼ãƒ•ã?ãƒ?‚¢ãƒ¼ãƒ»ãƒ¡ãƒ³ãƒã?として、文学を修めたスコãƒ?ƒˆãƒ»ãƒ¡ãƒ«ã‚«ãƒ¼ãƒ‰ï¼?ocals、g、sampler、key?‰ã?ソロ・プロジェクト、Manuokとしても活動。因にãƒ?‚£ãƒ ã¯ãƒ´ã‚£ã‚¢ãƒ»ã‚µãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆã?作品ã‚?‚¢ãƒ«ãƒãƒ ãƒ»ãƒªãƒ¼ãƒ•ã?『イン・ア・セーフã?プレイス』ã?アートワークも手掛けてã?‚‹ã€‚ともあれ、それらの活動がヴィア・サãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒ??サウンドとリフレクション関係にあるのは言ã?¾ã§ã‚‚なã?€?
現在までに『Wake Up Heavy』ï¼?00å¹´?‰ã€ã€?!TRAFFICO!』ï¼?02å¹´??03年にはアルバム・リーフなどがリミックスを施したリミックス・アルバム『re:Public』も発表?‰ã¨ã?†?’枚のアルバムã€? Goodbye Blue Mondayとのスプリãƒ?ƒˆEP「We Heart Music」ï¼?03å¹´?‰ã‚’発表してきたヴィア・サãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆã?、ドリューの言葉を借りるとライヴ・パフォーマンス・バンドからエレクトロニックの真新しい可能性の構築への進化をそれらã?中で遂げてã?‚‹ã€‚とは言え、エレクトロニックがサウンドã?すべてでなく、そのオーガニックな使用法によって温かさの加速装置になってã?‚‹ã®ã¯æœ¬ä½œã€Žã‚·ãƒ?‚£ãƒ¼ã‚ºãƒ»ã‚¢ãƒ¼ãƒ»ãƒ?ƒ³ãƒ—ルズ』が饒è?に物語ってã?‚‹

ドリューとスコãƒ?ƒˆãŒæŒã£ã¦ããŸã‚¢ã‚¤ãƒ?‚£ã‚¢ã«å¯¾ã—てãƒ?‚£ãƒ ãŒä¸­ç«‹çš„な立場で意見する制作ã?プロセスを持つヴィア・サãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆã€‚3人の感覚ã?整合性ã‚?¸€è²«æ€§ã«æ„å‘³ã‚’見い出すã?でなく、ã?たすら何かが見えるまで見つめる姿勢は、思いã‚?‚Šã‚??しみに溢れたサウンドとなって表れてã?‚‹ã€‚エレクトロニックが現実感を抜ã?¦ã?ãŒå¦‚く浮遊感ã‚?‚°ãƒ«ãƒ¼ãƒ´ã‚’æ¼”å?したり、生のバンド感が感情ã?発熱を手応えとして残したり、囁くよã?«æµã‚Œã¦ã?æ­ŒãŒç¾å®Ÿã¨éžç¾å®Ÿã?間ã?鎧戸を開ã?Ÿã‚Šâ€¦â€¦ã™ã‚‹å¤šé¢æ€§ã¯ã€è‰²å½©ã§èªžã‚‹ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰å…¨ä½“にとっての緩ã‚?‹ãªåŒ…容と等式で結ã?れる。そã?€ã“こで繰りåº?’てられてã?‚‹ã®ã¯ã€ã‚まりにもåº?¤§ãªã‚‹éŸ³æ¥½è©©ã®ã‚·ãƒ³ãƒ•ã‚©ãƒ‹ã?ともいえる世界なのだã€?
ドラマティãƒ?‚¯ãªå±•é–‹ã‚’持ちながらも、決して過剰に陥らなã??は詩の空間にも似た色彩の淡さがなせる業。それã?、この世界にある微細な出来事も見é€?•ãªã?„Ÿå—性の鋭さも連想させる。ヴィア・サãƒ?ƒ©ã‚¤ãƒˆã?紡ぐメロãƒ?‚£ã¯ãã‚“な催眠術をかけるよã?ªåŠ¹æžœãŒã‚る。そして物ç?š„時間の拘束から解き放たれたリスナã?がそこに見るのは、具体的な感覚ã?残る美しきファンタジーの世界なのだ。夢から覚めた後に覚える、あの感覚と同じ種類ã?...ã€?
?ˆãƒ©ã‚¤ã‚¿ãƒ¼?å®‰éƒ¨ã€€è–«??


Copyright(C)2003-2009 Human Highway Records. お問ã?ˆã‚ã›ã€€?œã€€ã‚µã‚¤ãƒˆã?ãƒ?? ?œã€€æ³•å¾‹ã«åŸºã¥ãè¡¨è¨?